HOME関連書籍お問い合わせ 学習療法研究会
学習療法研究会って何だろう? イメージ
学習療法®について学習療法実践レポート1学習者の事例スタッフの声学習療法実践レポート2


学習療法 実践レポート1 道海永寿会
読み・書き・計算が、高齢者の新たな夢や目標を育てる


「読み・書き・計算」の学習を通じて、高齢者の方々の脳機能が改善されることが今、証明されつつある。ここでは、介護老人福祉施設や介護老人保健施設を持つ社会福祉法人・道海永寿会で行われている学習療法の成果をご報告しよう。

高齢者の方々に最後まで
その人らしく生きてもらいたい

 道海永寿会がこの研究開発に加わることを決断したのは、何か成算があってのことではない。脳に刺激を与えれば、高齢者の方々の何かがきっと変わるはずだ。永寿園園長・山崎律美さんの高齢者の方々に対する強い想いが、研究開発の参加を道海永寿会に踏み切らせたのだ。
 戦後、日本の再建を担ってこられた高齢者の方々に、最後までその人らしく生きてもらいたい。たとえ、今、身体が不自由だったり、いくつかの病気に悩まされていたり、認知症の症状が徐々に現れている状態であっても、最後までその人らしく生きてもらいたい。その強い想いを山崎さんはずっと抱いていた。

 山崎さんは、かつて10年間、佐賀県立の児童養護施設「春日園」で児童指導員として勤務していた。その時、知的障害のある子どもたちが、公文式の学習を通じて自分たちの可能性に挑戦し、それぞれの人生を切り拓いていったことを指導者の一人として目の当たりにしている。脳に刺激を与えれば何かが変わる、それを確信させてくれたのがこの春日園での体験だった。
 脳に刺激を与えれば、高齢者の方々の衰えていく身体と心の状態の何かがきっと変わるはずだ。その想いだけを頼りに、研究開発に参加したのだ。
グループホーム学習風景 グループホーム学習風景

読み・書き・計算と高齢者の脳機能

 さて、2001年9月から始まった研究によって、「読み・書き・計算」が、高齢者の脳機能の改善にとって有効だという研究結果が出てきている。
 高齢者、特に認知症の症状が現れている方と接する時、第一に問題となるのが、コミュニケーションの障害だ。言葉を介したコミュニケーション、表情など言葉を介さないコミュニケーション、その双方がうまくいかず他者との意思の疎通が困難になる。感情のコントロールがきかず、突然怒りだして周囲を困らせることも問題だ。
 第二の問題は身辺の自立だ。食事や衣服の着替えなど他人の手助けが必要となる。
 これらの問題点、つまりコミュニケーション、感情、身辺の自立などを司っているのが前頭前野だ。老人性認知症の原因はたくさんあるが、社会で問題となる症状のほとんどは前頭前野に関係するものだ。

  学習開始前 6ヶ月後
学習群 7.1 8.5
非学習群 6.9 6.2

 上の表は、「読み・書き・計算」の学習を始めてから6ヵ月後に行った前頭葉機能検査FABの結果だ。「読み・書き・計算」の学習を行った高齢者の方々は、学習開始前の平均点が7.1だったものが、6ヵ月後には8.5に改善している。これは、統計的に有意な変化と十分認められる結果だ。反面、非学習群には大きな変化は見られなかった。明らかに、「読み・書き・計算」の学習が高齢者の脳機能を改善するという証拠が得られた。
道海永寿会 永寿園園長 山崎律美さん 道海永寿会 永寿園園長 山崎律美さん

「読み・書き・計算」にコミュニケーションが加わった時、
大きな成果が表れた

「読み・書き・計算」を行った結果、高齢者の前頭前野の機能が大きく改善されることが判明した。そしてこれは検査の数値が単に向上したということにとどまるものではなかった。
 まったく無表情であった方が、学習が進むに連れて笑顔が認められるようになってきた。おむつに頼っていた方が、尿意や便意を伝えることができるようになり、ついには自分でトイレに行けるようになった。こういう日常生活での大きな変化が表れたのだ。

 学習に参加された高齢者の方々は、体調を崩した方を除いて、ほとんどすべての方が自発的に学習に参加し、学習時間がくるのを楽しみにしている。そして、3年近くも学習が続いている。これは日々の学習の場において、介護スタッフとより人間的に触れ合うことができるという喜びによるものが大きいのではないだろうか。「読み・書き・計算」の学習を通じて、互いの人格を尊重したコミュニケーションがとれるようになったことで、学習が進み、前頭前野が活性化しているように思われる。
 学習の本質は、学ぶ側とそれを支える側とのコミュニケーション、これがこの共同研究で得られた確信の一つだ。
社会福祉法人・道海永寿会
介護老人保健施設 ふれあいの里
介護老人保護施設 ふれあいの里

社会福祉法人・道海永寿会
 介護老人福祉施設「永寿園」、介護老人保健施設「ふれあいの里道海」などから構成される。 学習療法は、「永寿園」「永寿園デイサービスセンター」「ふれあいの里道海温泉デイケアセンター」「グループホーム・いこいの家」で行われている。

学習療法導入
学習療法研究会について
ごあいさつ
組織概要
会則

「学習療法」って何だろう?
学習療法®について
学習療法実践レポート1
学習者の事例
スタッフの声
学習療法実践レポート2

kyozai

学習療法研究会への入会案内

学習療法研究会へ参加してみませんか?入会金、会費は無料です。

会員専用ページ ログオン


HOMEPAGE TOP
『学習療法®』は東北大学・川島隆太教授と公文教育研究会の登録商標です。

(c)2004 学習療法研究会. All rights reserved.